イル・ラ・フォルジュ・ヴィオニエのセット価格も「驚き」の納得価格~!

さすがにコンドリューほどにはいきませんが、価格から見ればOKでした。もちろん決して「さっぱり系」ではありません。ワインは値段じゃない。

これっ!

2017年01月25日 ランキング上位商品↑

イル・ラ・フォルジュ・ヴィオニエイル・ラ・フォルジュ・ヴィオニエ[2015]年ILE LA FORGE Viognier 2015 “Vignes des Coteaux”

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

したがって!コスト・パフォーマンスなんてそもそも関係ないのです。白ワイン、コクウマ。Ile la Forge 白にはシャルドネもあり、こちらのほうがコク、粘度があって私好みでした。しかし2006のような感動は無く!やはり長期間寝かせた方が良いのでしょうか?ワインを飲み始めたばかりなので良く解りませんが!この値段なら妥当?なのかなと思いました。開けてすぐ飲めるイルラフォルジュ独特の落ち着いた味わいでした。安くても旨いことは絶対条件であり!このワインは旨いという意味で!大満足でした。もしかすると!ここ数年で造り手の腕が上がったのかも知れません。念のため…友人との食事の際にいただきました。宣伝文句に偽りなし。とても美味しいワインでした!また購入します。南仏のヴィオニエを探求するなら!Domaine de la JanasseのVin de Pays de la Principauteよりも遙かにこちらの方が上出来だと思います。南仏らしい力強さがありながら、諄くなく、自然な感じなのです。しかも!Janasseは2000円以上します。ヴィオニエだと「さっぱり感」でわたしの好みが打ち消されてしまう!とはいえ!これでも十分!堪能できるので!お勧めします。コンドリューのイメージを求めて南仏のヴィオニエをいろいろと探求していますが!これがベストでしょう。グラスに注ぐときにこの「粘度」!ゴールデンイエローの色の濃さ!香りを感じますが!すべてにおいてシャルドネが勝っています。。以前イルラフォルジュのシャルドネ2006を呑んだ事が有って!とても美味しかったので発注させて頂きました。またリピしたいです。この造り手は以前にシャルドネを飲んだことがあり、どうしてもブルゴーニュのシャルドネとの違い、というか、カリフォルニア的なパワーというか、ある種の諄さに魅力を感じなかったのですが、ヴィオニエは違いました。何より好きな香りで!かつ!お安い!友人にも好評でした。